津市で腰痛でお困りの方|津市の整体「ぼんのくぼ」

津市で腰痛でお困りの方|津市の整体「ぼんのくぼ」

  • 0592139035

ブログ

津市で腰痛でお困りの方

その他 

津市で腰痛や椎間板ヘルニアでお困りの方も多いと思います

椎間板ヘルニアってどんな病気?

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあります。背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、その全てに椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。20~40歳代のどちらかと言えば男性に多く、整形外科では非常にポピュラーな病気と言えます。

なんで椎間板ヘルニアになるの?

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状引き起こすのです。前述の通り、椎間板への負担が椎間板ヘルニアの主な原因ですが、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まります。加齢に伴う椎間板の老化の過程で生じますが、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけとなることが少なくありません。また、喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることも指摘されています。

セルフケアはストレッチで

腰痛のセルフケアにはストレッチが有効です。朝晩欠かさず続けてみましょう。

●ひざ抱えストレッチ

1. あおむけに寝ます。

ひざ抱えストレッチ1

2. 片側の脚を伸ばしたまま、もう片方のひざを両手で抱え、胸にゆっくりと引き付けます。

ひざ抱えストレッチ2

3. そのままの姿勢で10数秒キープしたら、ゆっくり元に戻します。反対側も同様に。

ひざ抱えストレッチ3

●ひざ伸ばしストレッチ

1. あおむけに寝て、片側の脚のひざを立てます。

ひざ伸ばしストレッチ

2. ひざを立てた状態からゆっくりひざを伸ばし、そのまま10数秒キープしたら、ゆっくり下ろします。反対側も同様に。

ひざ伸ばしストレッチ

(注)痛みや違和感があるときは無理に行わないでください

ストレッチでは改善されないほどの場合は津市の腰痛、肩こり、膝痛の方が来院する

ぼんのくぼの脳幹原因療法を受けてみてください

津市で整体をお探しの方

一人で悩まずにぼんのくぼにご相談ください

津市 整体 ぼんのくぼ

津市 腰痛

津市ヘルニア

津市肩こり

津市 頭痛

津市 便秘

津市 冷え性

津市 膝痛

津市 四十肩

津市 手足のしびれ

津市 めまい

津市 うつ

津市 不眠

津市 朝からだが痛い

津市 坐骨神経痛

ページトップへ戻る